誠心

婚活にも結婚相談所にも、こだわりと質を徹底的に求めたい!そんな人にオススメなのが「誠心」です。


結婚相談所業界トップクラスの高品質

会員の半数が医師・歯科医師で、しかも会員の半数が年収1000万円以上というエグゼクティブ感。
その分月会費も約2万5000円と、業界の中でもかなり高額となっています。
しかしそれを苦としないほどの収入がある人だけが会員になれるという証でもありますね。
さらに、他の結婚相談所では見られないポイントとして、「入会するのに書類審査がある」ということでしょう。
独身証明、収入証明の提出はもちろんのこと、学歴や職歴、その他の審査項目をクリアした人だけが会員になれるシステムです。
結婚相談所側があらかじめフィルターを設けてくれるので、男女ともに結婚に対するこだわりを保ったまま婚活を行なえるわけです。
誠心-468×60


あえてのアナログ手法

誠心の特徴と言えば「データマッチングによる紹介はしない」ということでしょう。
毎月自宅に送られてくる「ファイル」を自分の目でチェックして、その中から会ってみたい人を申し込む。
何でそんなアナログな方法なのか。
データというのはYESかNOしかありません。
しかし「相手に望む条件」というのは、そんなに「これだけは絶対に嫌!」という絶対的な条件ばかりではありませんよね。
「出来れば身長は175cm以上がいいけど、これぐらいイケメンだったら168cmでもいいかな」ですとか、
「本当は料理が得意だっていう女性の方が良いんだけど、こんなに会話が弾む女性は初めてだ。彼女なら料理が得意じゃなくても良いかな」ですとか、
「本当はNOだけど、人によってはYESになる」というあいまいな条件も多いのではないでしょうか?
そういった曖昧な部分を、コンピューターは無情に切り捨ててしまいます。
アナログだからこそ出会える人もいると思います。


口コミ情報

●男性会員の声

昔から付き合っていた女性と結婚しようと両親に紹介したところ、彼女のお兄さんが自己破産をしていることが僕の両親に知られてしまい、両親からの猛反対にあい、結局別れることになってしまいました。
結婚相談所に入会しようと思いました。一般の場での出会いで、真っ先に「どんな家なのか、家族はどんな人か」を確認するのは困難ですが、結婚相談所ならそれも容易だろうと考えたのです。
決して階級云々ではなく、しっかりしたご家庭で育っている方と出会いたかっただけなのですが、誠心にはそういう女性が多く、とても驚きました。
今では両親も納得してくれる妻と、幸せな家庭を築いています。(山梨/30代)

●女性会員の声

前は他の結婚相談所に入っていたのですが、友達から誠心を薦められ、こちらに改めてお世話になることになりました。
以前の結婚相談所で開催されているパーティーに参加した時は、女性同士がギラギラと牽制しあっているような空気で、あまり気軽に楽しめる感じではありませんでした。
しかし誠心のパーティーに参加されている方は、男性も女性も、良い意味でガツガツしていないというか、「ここにいる同性は全員敵!」みたいな雰囲気を出している人はいませんでした。
質の良い会員ばかりがいるという謳い文句が、誇大広告ではなかったなと実感しました。(大阪/20代)

誠心-468×60